お知らせ|お知らせ

麹菌発酵大豆培養物の臨床試験にご協力いただける方を募集しています!

2016/12/31

麹菌発酵大豆培養物の臨床試験にご協力いただける方を募集しています!
アレルギー疾患の発症や活動性を抑制するために、医薬品ではない安全かつ有効な天然成分由来の食品にも期待が寄せられています。
”プロバイオティクス”は、腸内の有害なバクテリアを抑制し、腸管免疫の機能を高めて人の健康に有用な働きをする発酵食品のことです。乳酸菌やビフィズス菌の働きがよく知られています。
 
麹菌発酵大豆培養物は、味噌を作るのと同様の手順で、大豆を麹(こうじ)菌で短期間発酵させた産物です。麹菌の持つプロバイオティクス作用だけではなく、有用な腸内細菌を増やすプレバイオティクス作用も有しています。さらに、麹菌発酵の過程で生成された麹多糖、ポリペプチドやアミノ酸などが直接的に生体に働きかけるバイオジェニックス効果も有しています。
 
麹菌発酵大豆培養物の効果例として、以下の研究報告があります。
・食物アレルギーモデルマウスのアナフィラキシー発症抑制
・アトピー性皮膚炎自然発症マウス(NC/Tnd mice)の発症抑制
・ヒトにおいてもスギ花粉症の臨床症状緩和
・幼児の軽症アトピー性皮膚炎の改善効果   
これらの研究の一部では、乳酸菌と比較してより高い有効性が示されています。 
今回の臨床研究は、この麹菌発酵大豆培養物を用いて、乾燥肌及び軽度アトピー性皮膚炎症状の肌のバリア機能に対する効果を検証することを目的としています。研究対象とする食品は、すでにサプリメントとして市販されている商品と同等のものになります。 

参加条件は以下になります。
A) 乾燥肌または軽度のアトピー性皮膚炎の方
B) 20歳以上の成人の方
C) 大豆アレルギーがないこと
この研究は疾患の治療を目的としていないため、ステロイド軟膏を連日必要とする中等度以上のアトピー性皮膚炎の方は、対象となりません。
 
本研究は、ニチモウバイオティックス株式会社から藤田保健衛生大学坂文種報德會病院アレルギーセンター(近藤康人教授)が受託した臨床研究に対して、認定NPO法人アレルギー支援ネットワークが事務局として協力するものです。

こちらの治験にご興味のある方は、ぜひご相談ください。
<お問い合わせ・お申し込みについて>
認定NPO法人 アレルギー支援ネットワーク
E-mail:info@alle-net.com  TEL:052-485-5208(代表)
※お申し込み時に、メール件名は「臨床試験申し込み」とし、本文に①~⑤項目をご記入下さい。(項目:①名前 ②住所 ③連絡先の電話番号 ④性別 ⑤年齢)
後日、担当よりメールでご連絡をさせて頂きます。
 
麹菌発酵大豆培養物の臨床試験 チラシ

« »

Page Top